上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の愛の名言は、「スキンシップは愛の始まり」

人間が、産まれて最初に愛を感じるのは、お母さんの抱っこです。
胸に抱かれて優しく触られることは、愛の原点なのです。

ジーザスは、深い心の傷を持っている病気の人に、
しばしば、手を触れて、癒されました。
手当といいますが、手をじっと患部に触っているだけで、痛みは和らぐものです。

今の若者は、本当に愛を育むものは、スキンシップにあることを理解せず、
セックスというスキンシップをしなければ愛を確認しあえないと勘違いしています。
けれどもセックスとスキンシップは違います。

セックスは結婚した男女にだけ許された特別の愛の営みですが、
スキンシップは、日常生活の様々な場面で、
人々との関係をより親密なものとするための、Love Wordです。

セクハラという言葉がやたらに流行り、
うっかり異性に触るだけで、白い目で見られる社会ですが、
正しく使われるスキンシップは、
親子の間、夫婦や恋人、友人や初めて会った人など、
友情を深め、癒しと親愛を相手に与えるとても効果的なものです。

寂しい時、とても悲しい思いをしている時、
そっと肩にふれられるだけで、慰められる。
そんなスキンシップを、しあえたらいいですね。(ただし、異性にはくれぐれも御用心!)

今日の御言葉は、
『わたしの手は彼を固く支え、わたしの腕は彼に勇気を与えるであろう。詩編89:22』
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。