上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の愛の名言は、「人間は、恐れている人より、
愛情をかけてくれる人を、容赦なく傷つける者である」


今日の名言は、マキャベリという人の言葉です。
確かに、人間の本性を良く表現しています。

「愛情をかけてくれる人を、容赦なく傷つける」というのは、
家庭で、職場で、恋愛関係で、あらゆる人間関係の中に・・よくありますよね。

「親は愛情で子供に接しているのに、なぜか子供はグレていく」
「相手を気遣っているのに、相手は気がつかない。気づいても、無視される。」
「愛を与えているのに、気にいらないと、石ころをぶつけられる」
「相手に愛され、自分も好きなのに、すねてしまう。不愉快な言動をとってしまう」

人間は、どこまでも自己中心ですので、愛も、自分本位にとらえてしまいます。

自分が誰を一番傷つけているか、考えてみてください。
その人こそ、一番あなたに、愛情を注いでいる人かもしれません。。

今日の御言葉は、「どうして、わたしの民は言うのか。
『迷い出てしまったからにはあなたのもとに帰りません』と。
おとめがその身を飾るものを 花嫁が晴れ着の帯を忘れるだろうか。
しかし、わたしの民はわたしを忘れ数え切れない月日が過ぎた。
エレミヤ2:31-32」


私たちは、神に対する冷淡、無関心によって、
最も神を傷つけているかもしれません。。
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/07/19(Tue) 04:06 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。