上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の愛の名言は「愛は、神の美しさの現れである」
神ほど、美しい方はいません。
父なる神の御姿を見た者はいないけど
(その影と栄光を見た方はいましたね)
御子キリストの美しさは、復活した姿に現されました。

では、神はこの地上にどのような美を表現しているのでしょうか。
自然の美しさ。
それは文句なく言えます。
芸術の中に。
特に音楽の中には、神の美が天に届けとばかりに
表現されているものもあります。

でも、神が最もその美しさを現したいと願っているのは、
何かというと人間なのです。
動物園の可愛い動物たち。
産まれたばかりのペットの愛らしさ。。
それ以上の美を、人に求めるのです。
なぜなら、人は、神の形に創造され、神の霊をそそぎ込まれたからです。

画家でありデザイナーであった中原淳一は
「美しくあることに、決して臆することはありません」と言いました。
「美しいものは、自分の心の内面の投影にほかならない」とも。
男女の区別なく、愛を知りたい、味わいたい、求めたい、得れたい、
と思ったら、美しさとは何か、美しい心とは、何かを考えてみてくださいね。
あなたに最上の美しさを与えるために、
キリストは醜い十字架にかかり、
醜い姿をさらけ出したのですから。。

今日の御言葉は「恋人よ、美しい人よ。さあ、立って出ておいで。
いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しい人よ。
さあ、立って出ておいで。雅歌2:10.13」
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。