上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の愛の名言は、「愛は、望みを失わない」

春は北海道に住む人にとっては、一年で一番わくわくする年、希望の季節といってもいいですね。
土の中からいっせいに花の芽が吹き出し、冬枯れの木々にあっというまに、若葉の装い・・・どこにそんなに強い生命力が隠されていたのかと不思議に思いませんか?

でも、愛の生命力は、それ以上です。
いいえ、愛とは命そのもの・・
すぐにへこたれ、あきらめるのは、あなたの内にキリストの愛がまだまだ根付いていないのかもしれませんね。

キリストの愛は、どんなに冷たい過酷な環境に閉じ込められても、望みを失わせません。
一滴の水さえ見いだすことのできない砂漠のような孤独、孤立の中に置き去りにされても、望みを捨てません。
恥と罪責感で、顔をあげられなくても、なおも心の奥に、望みを置くのです。
それが、キリストの愛の力、生命力なのです。

私たちは、この愛によって、どんな時にも、望みを持ち続けることができるのです。

今日の御言葉は、『希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。ローマ5:5』
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。