上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の愛の名言は、『愛は、怒らず』です。

怒りとは単純に、強い苛立ちの感情です。

社会の不正や悪に対する怒りもありますが、私たちが怒りの感情に悩むのは、
自分の願ったとおり、周囲の人間や物事が動いたり反応しなかった時、
自分をきちんと受け入れ理解してもらえなかった時が多いのではないでしょうか。

怒りは感情的な反応ですが、長く心に留めておくと悪魔にチャンスを与え、
あなた自身の心と体をむしばみ死にいたるほどの破壊力を持っています。

また、人に対する敵対感情ですから、愛が産まれるはずがありません。
解決するために、相手にぶちまけたり、自分の心の奥深くに押し込めても悪化するばかりです。

怒りを正しく扱うことは、愛をはぐくむ大切なことです。
これから3回にわたって、考えていきましょうね。

今日の御言葉は
『怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。エペソ書4:26』
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。